忍者ブログ
ジパング音楽工房
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらく、コンサートや楽譜の出版等に追われフルートの調整が
出来ませんでしたが、やっと2本調整が終わりました。

まず初めはドイツの銘工リッタースハウゼンの木製ベームフルートです。
この楽器は、20世紀前半の楽器で、ハイピッチです。
約450Hzですので、442Hzで吹くには少し抜かないとなりません。

音は、とても暖かく、太い音がします。
木管のフルートをお探しの方にはお勧めの一本です。
価格は300,000円です。
後日、フルートハウスのページに詳しい情報を載せます。






次はアートレー、シンフォニー・モデルです。
現在はクラリネットのメーカーとして知られますが、
元々アートレーはフルートメーカーです。
この楽器も古いものですが、ピッチは442Hzです。
全洋銀製ですが、明るく透る音で、アメリカの楽器らしく
力強さも兼ねています。

とても魅力的な楽器です。
この楽器も後日、フルートハウスのページに詳しい情報を載せます。
価格は50,000円ですのでとてもお買い得です。






それぞれの写真をクリックして戴ければ
大きな画面でご覧頂けます。
PR
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Zipangu Blog ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]